Jealous, Don't you know

日々のこと

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール

前のブログからの転載。
ここで書かれている私の病状や心情は『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』を劇場で見た当時のものです。
なお物語のネタバレもあるのでお気をつけください。

------------------------

まず初めに、この映画はかなり主観的に見てしまい客観的に見ることができなかったことを先に前置きしておきたい。
そして私自信がイヴ(主人公)と同じように精神疾患者であることも。
当初おしゃれなファッションと音楽の映画、という認識だけで見に行ったためはじめイヴが精神病棟に入院している設定なのを知らずに見ることとなった。
私は入院とまでは行かなくとも現在心療内科に通院しており、毎日薬を服用しても寝れなかったり、逆に過眠しすぎて仕事に行けないような日々を送っている。
作品冒頭でイヴは病院を抜け出し、ライブハウスへ向かうとその後バンドを組むことになるジェームズと出会うことになる。
その後彼女はまた病院に戻るのだが、そこで彼女は本を取り上げられ医師からこう説明される。
「人間は三角形で成り立っている。まず一番下、底辺に食事と睡眠がある。真ん中に家族や人間関係、お金。そして一番上に芸術や娯楽があるのよ。一番はじめに上に行ってしまうと基礎がなってないから崩れ落ちてしまうわ」
と。
私自身医師から「とにかく家事もしなくていい、寝支度するのが面倒だったらお風呂にだって入らなくていい。とにかく早く寝なさい。」と言われ続けていた。
でも私は仕事と寝るだけの生活では、それこそ生きる意味などないと思っていた。でもこの医師の説明でやっと腑に落ちたのだ。
私はイヴのように音楽の才能はないけれど学生時代芸術を学んでいた。もちろん映画を見ることも好きだし音楽を聞くことも好きだ。
芸術に関しては今でも機会やお金さえ工面できればまた学びたいと考えている。でも基礎が成り立っていないとダメなんだ、と。

イヴは病院で音楽を作り続けるが、再び病院を抜け出しジェームズと再会する。そしてジェームズの友人キャシーと出会い、バンドを組むことになる。
バンドを組むまでの過程や、組んでからのキラキラした映像、可愛らしい服装や音楽はイヴが精神疾患者であることを忘れてしまうくらいに映画として、そして一、ファッションと音楽が好きなものとしていてひたすら眼福だった。
でもそう幸せな日々は長く続かなかった。
バンドを組む前に、病院で録ったカセットテープをバンドマンに渡す描写がある。必ずラジオ局の人に渡してくれ、と。
その後そのバンドマンとイヴは度々遊ぶ仲になるのだがある日バンドマンがカセットテープをラジオ局に渡していないことが発覚する。
そこでイヴはジェームズと共に住むアパートへ戻るのだがそこにジェームズはいなかった。自暴自棄になったイヴはODをして再び精神病棟に戻ることとなる。
カセットテープに収録された曲の歌詞の中に「眠ることに慣れてきた」という一節がある。その後気の合うバンドメンバーと巡り会い「人間の三角形」を形成したかのように見えたがイヴにはまだ早すぎたのだった。
そして映画が終盤に差し掛かる時、イヴは冒頭から医師に勧められていた音楽学校へ行く決心を固める。
そこで歌われた曲の一節に
「毎日リンゴを食べるように 私は本を読みふけった
でも食事は しなかった
だから医者が来て言ったわ
“本だけでは女は生きられないの
自分自身を許しなさい”
だから食べるわ」
とある。ここでようやく、イヴの決心が病院を抜け出した時とは違うものだと決定付けられると思った。
ジェームズやキャシーと可愛い服を着て、そして奏でる音楽はとても素敵だったけれど音楽学校へ行き、きっと規則正しい生活を送りながらクラスメイトと関係を築き、そして人間の三角形の頂点であり高みである芸術(音楽)を目指すイヴのその後も精神疾患者としては見てみたいと思った。
実は監督・脚本のスチュアート・マードックは若かりし頃慢性疲労症候群で長いこと自宅療養をしていたとか。
そして完治され組まれたバンドがベル・アンド・セバスチャン、通称ベルセバらしい。実は知らなかったのだが今年のフジロックのヘッドライナーを務めたとか。
もしイヴとスチュアート・マードックに重なる点があるとするなら、イヴの将来がベルセバなのかもしれないと思った。映画やパンフレットを読んで、ベルセバにもとても興味が湧いた。一音楽ファンとして聞いてみたいと思った。(実は『(500)日のサマー』のサントラにも関与しているとか。500日〜もとても音楽が素敵な映画だったのでそういう点でも是非ベルセバを聞いてみたい)

映画とは関係なくなってしまうが、芸術(主に美学や美術史)を学んでいた私が思うに、芸術家が若くして自ら命を絶ってしまうことが多いのはこの人間の三角形が成り立っていないまま芸術に向かって行ってしまったからなのだろうか、とも思った。


ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール 豪華版 Blu-ray

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール 豪華版 Blu-ray