Jealous, Don't you know

常にネガティヴ、ネット弁慶

死にたい感情

タイトル等少し改変しましたが、以前音楽文に送ったものの対象のアーティストが多すぎたことや暗すぎたことが要因(だと思われる)で載らなかった比較的くらい音楽に関する文章です。

あと今回は公式以外の動画URLも貼っています。


------------------------


私にとって死にたいと思いながら生きることが普通のことであるのを、長いこと言い出せずにいた。

世間的に言えばそんな想いを抱えるのは普通ではないというのはわかっていたので、親や友人にこの想いを吐露することもなければ理解されようと思ったこともなかった。

しかし音楽だけはそんな想いを肯定してくれた。


希死念慮を抱いているからといって、積極的に死へ向かう行動を起こすわけではない。失敗をしてしまってその場から消えたい、なども該当する。

しかしその気持ちを語るときに自分でもうまくまとめることができなかった。でも好きな楽曲を思い返していたら自分はなぜ死にたいと思うのかを整理することができた気がする。



"どんな時もそばにいて  必要とされる様な

一度だけ味あわせて  その世界を

それだけでもういい"

ART-SCHOOL『LOVE/HATE』

https://youtu.be/IsaaNX8CYHM


簡単にいってしまえば孤独感と承認欲求を歌っていると解釈できるが、それはわたしが常に死を考えながら生きる上での要素のうちのふたつであった。


学生時代は仲良しグループがなんとなく存在していたがその中に私だけ2人で遊ぶような友人がいないことに気づき孤独を感じた。

就職活動に悩んでいるときに周りから恋人の話を聞かされると、恋人のいない私はひとりの人間にすら必要とされないのだから社会なんて大きな組織には到底拾ってもらえないだろうと承認欲求を拗らせていった。


でも、こんな悩みは大なり小なり誰もが抱えているのかもしれない。

悩みなどではなく毎日つまらない、なんとなくという理由でさえも私はそれを死にたいという言葉でしか表現できずにいたが、好きな音楽たちが死という気持ちを肯定し、代弁してくれたこそ私はここまで生きることができたのだと思う。



"したいことも無くて

する気もないなら

無理して生きてる事もない"

syrup16g『明日を落としても』

明日を落としても

明日を落としても

https://youtu.be/lcSg6RBLCEc


"A heart that's full up like a landfill

A job that slowly kills you

Bruises that won't heal

You look so tired, unhappy

Bring down the government

They don't, they don't speak for us

I'll take a quiet life

A handshake of carbon monoxide"

Radiohead 『No Surprises』

https://youtu.be/u5CVsCnxyXg



死や死を連想させるものを題材にした楽曲は多くあるが、それがどのような意図で作られたのか私たちは制作者が語らない限り知る余地はない。

Base Ball Bearに『魔王』という曲がある。



"見ないことにされてた  僕の世界が  君のことをずっと待ってる

聞かないことにされてた この声が

例え枯れてしまおうが  君のために歌うよ

笑い者にされてた  僕の世界で  君のことをずっと待ってる

いないことにされてた  僕の呪いが

君の傷を癒す  お呪いになりますように"

Base Ball Bear『魔王』

魔王

魔王

https://youtu.be/y5LgSaDaIQU



今回載せた楽曲は、まさしく私にとって傷を癒すお呪いのよう曲たちだった。たとえそれが制作者の意図としてなかったことだとしても、私は救われ続けていた。

音楽に関心がない人からしたら、暗い曲だと言われるかもしれない。でもネガティヴな楽曲があることで同じようなことを考えているのは私だけではないという気持ちが薄らぎ、ときには孤独感に寄り添ってくれる。


これからも死にたいという気持ちが消えることはないかもしれない。

でもこの先、たくさんの音楽を聞くために生きたいと思える日がくればいい。