Jealous, Don't you know

常にネガティヴ、ネット弁慶

百円の恋

過去ブログより転載。

この記事を書いたのは2015年2月2日、あれから2年半が経ち私はその間夢を追い転職をしたけれど挫折し、また主人公一子にとっての百円コンビニのような仕事に戻ってしまったので自戒のために再掲。

------------------------

※ネタバレ含む

私が見た回は意外にも中年の男性が多かった。
一子(安藤サクラ)が狩野(新井浩文)に「どうして私なんか(デート、のようなものに)誘ったんですか?」と聞いたシーンがあった。狩野は「断られないと思ったから」と答えた。
そこで中年の男性たちの笑いが起こった。笑ってるのは男性だけだったように思う。少なくとも20代女の私は笑えなかった。
中年男性の笑いは、「そういう女、いるいる」ということなのだろうか。笑われる可能性がある立場の人間からすると、笑えるわけがなかった。オドオドとした女は男たちに断られない女と思われるのが普通なのかもしれないと思った。
それでも引きこもりだった一子にとって狩野は自分の居場所だった、…いや、居場所にしたかったのかもしれないと思った。憧れてた人に誘われたら、どんな理由でも嬉しさのほうが大きい。初めてのデートで、化粧をしてワンピースを着て、男性の心を鷲掴みする下着を忍ばせる一子はいじらしくてとても可愛らしかった。

狩野が出て行ってから、物語が一変した。一子が居場所を狩野からボクシングに見出した姿には涙が止まらなかった。
自分語りになってしまうけど、私も元引きこもりで、ようやく出来た彼氏からは必要とされず、社会にも必要とされなかった時期が長かった。今は派遣の仕事を見つけ、与えられた仕事を淡々とこなすだけの毎日を過ごしている。特にやりたかった仕事ではなく、生きるために止むを得ず働いているだけで一子にとっての百円コンビニと同じである。
私も一子にとってのボクシングのようなものがいつか見つけられるかもしれないと、希望を見いだせずにはいられなかった。
そして最後の一子の「一度でいいから勝ってみたかった」も涙無くしては見れない。これは単なる共感でしかないけれど。


百円の恋

百円の恋