Jealous, Don't you know

常にネガティヴ、ネット弁慶

オーバードーズ

初めて精神科の門を叩く前から、繰り返しオーバードーズを行なっていた。
死ぬつもりはない、ただただ楽になりたいだけだった。一瞬でも楽になれる、声をかけられたくらいでは起きない(起きられない)永遠に眠れる感覚が忘れられなかった。
幸い胃洗浄することもなく、親にバレることもなかったため(昔からよく寝ていたからまた寝てると思われていた)ここまできてしまった。

一人暮らしになってからもうつ状態がひどいときに休みが重なると繰り返し行なっていた。軽度のものなら頻繁に、前回はどれくらい飲んだかも覚えていない+アルコールで完全なる健忘を起こし知らない間に部屋は荒れ、扇風機を壊し、まだ使える食器をいつの間にか捨てていた。(しかもその日はゴミ捨ての日で、律儀にゴミを捨てていたらしく使える食器は記憶が定かなときにはもう手元になかった。ちなみにゴミを捨てに行った記憶もない)

実家にいたときは衝動に任せ仕事を休んででもオーバードーズを行なっていたが、一人暮らしになってからは生活がかかっているので休みの日にしか行なっていない。変なところで理性が働くあたり私は精神病ではないのかなとも思う。

そして昨日、久しぶりにオーバードーズをしたくてたまらなかった。壁打ち用の、知り合いには誰にも教えていない鍵をかけたツイッターに「オーバードーズをしたくて泣いている」と何回も呟いた。

自分でも頭おかしいと思う。だから今も心療内科へ行っているんだけれど私は主治医に本当のことが言えず、多分単なるストレス程度に思われている。実際ストレスからくる衝動には変わりないんだけど。
理性があるから〜の部分と矛盾してるのはわかっている。

ずっと、金曜日の夜飲み会から帰ったあともまだオーバードーズをしたいと思ったらしよう!!と決めていた。でも、普通になりたい私はできることならしたくないという理性もある。

まず金曜日の夜から土曜日にかけてオーバードーズをしないため、気になっていたアイドルのライブのチケットを取った。
チケットは無駄にしたくないから、土曜日はなんとかなりそうだ。

でも日曜日は、どうしよう。私がオーバードーズをしたいと思った要因の予定がなくなってしまい、いつも行っている副業も休みを取ってしまった。
日曜日、正確には土曜日の夜が、ライブに行った後が、不安だ。